IT specialist program to promote Key Engineers as securitY Specialists

IT Keysにより期待される効果

IT Keysを通じて高度な実践型人材を育成していくことにより、以下の効果の創出につながるものと考えています。

  • 体系化された知識を背景に、技術だけでなく法律、政策、経営、倫理を理解したうえで、経験に基づく勘を備えた実践型の人材を毎年20 名程度輩出する。
  • 産学の有機的な連携を軸に、企業等の組織が必要とする多面的な情報セキュリティ対策を講じることのできる人材を育成する、新たな教育拠点を形成する。
  • 基礎教育を各大学院で行うとともに、共通教育及び演習を実際に学生が集結して学ぶことにより、単に知識を身につけるだけでなく、学生同士の人的ネットワークを構成させ、将来の人的財産形成につなげる。
  • 本プログラムの講義、演習、評価等を広く公開し、社会による評価を受入れ、本プログラムの継続的なレベルアップとこれを活用した外部組織との連携強化を進めることにより、本プログラムを修了することの価値についての社会的認知を確立する。
  • 情報セキュリティ技術者・管理者の育成や成果の普及等を通じ、社会的ITリスクを軽減し高水準の情報セキュリティを確保することにより、世界一安心できる日本のIT 社会の実現に貢献する。