IT specialist program to promote Key Engineers as securitY Specialists

北陸先端科学技術大学院大学

科目名

講義内容

担当教員(所属・役職)

開講時期 / 単位

計算量の理論と離散数学

情報科学において必要となる(1)離散的な構造に対する数学的諸概念や考え方(2)問題の難しさの計算量的観点からの評価に習熟する。講義では、計算可能性、還元可能性、完全性、時間計算量、整数論、環、体、群等を解説していく。

宮地 充子(同大学情報科学研究科・教授)

石原 哉(同大学情報科学研究科・准教授)

上原 隆平(同大学情報科学研究科・准教授)

1の1期、2の2期 / 2単位

情報セキュリティと符号理論

数理の情報科学への応用について学ぶ。特に、(1)暗号の基本原理、手法、安全性証明、計算効率 (2)通信路符号化の原理、限界、具体的符号化方法、通信路容量に迫る符号とその復号法、などを習得する。演習を通じて、数理的な考え方の基本、ならびに応用手法について理解する。

宮地 充子(同大学情報科学研究科・教授)

松本 正(同大学情報科学研究科・教授)

隔年開講 / 2単位

コンピュータネットワーク特論

ネットワークアーキテクチャ、ネットワークプロトコル、通信方式、ネットワークアプリケーション等について、ローカルエリアネットワークを中心に計算機ネットワークの基本概念、原理を習得する。

丹 康雄(同大学情報科学研究科・教授)

2の1期 / 2単位

高性能コンピュータネットワーク

インターネットの動作を支えている基本技術に関し,経験に基づく深い知識を習得することを目的とする。プログラミングを含んだプロジェクト実習を予定している。

篠田 陽一(同大学情報科学センター・教授)

1の2期 / 2単位

ネットワーク設計演習

各種ネットワーク機器を用いた実習により、実際のネットワークの設計、構築、評価、管理、運用に関する技術を習得する。

篠田 陽一(同大学情報科学センター・教授)

丹 康雄(同大学情報科学研究科・教授)

2の2期 / 1単位