IT specialist program to promote Key Engineers as securitY Specialists

無線LANセキュリティ演習

演習内容の概要

無線LANにおけるセキュリティ対策の現状を把握し、より安全に無線LANを利用するための対策を検討します。

担当教員

岡村真吾
(奈良高専・講師)
浜辺崇
(大阪大学・特任助教)

実地拠点

大阪大学(大阪府吹田市)

実施時期・日程

6月12日(土)-13日(日)、1泊2日

前提知識

無線LANのアクセスポイントやクライアントの設定に関する知識があることが望ましい。

プログラム

日付 時限 担当者 タイトル 講義内容
1日目

6月
12日
(土)
午前1
(9:20~10:50)
岡村真吾 無線LAN技術 無線LANで使用されているプロトコル及びセキュリティ技術について概観する。
午前2
(11:00~12:30)
岡村真吾
午後1
(13:30~15:00)
岡村真吾 アクセスポイントへの侵入 SSIDを公表せず、WEP暗号化を行い、MACアドレスによる制限を行っているアクセスポイントへの侵入を試みる。
午後2
(15:10~16:40)
岡村真吾
午後3
(16:50~18:20)
岡村真吾
夜1
(19:30~21:00)
2日目

6月
13日
(日)
午前1
(9:20~10:50)
岡村真吾 アクセスポイントへのDoS攻撃 802.11のマネジメントフレームを用いたアクセスポイントへのDoS攻撃を試みる。
午前2
(11:00~12:30)
岡村真吾
午後1
(13:30~15:00)
岡村真吾
午後2
(15:10~16:40)
岡村真吾 実験結果のまとめと考察 実験結果を基に、安全な無線LANを運用するための方法について考察する。
午後3
(16:50~18:20)
夜1
(19:30~21:00)